トップページ ≫ 雨漏りは屋根以外からも発生する

雨漏りは屋根以外からも発生する

雨漏りは屋根以外からも起こると知っている人はあまりいないようです。雨は上から下に降るものなので、当然屋根から浸水するものであると思ってしまうのも無理はありません。

 

しかし、家中の至る所から起こると言ってもいいくらい雨漏りは様々な箇所から、様々な状況で起きるモノです。

 

屋根には問題も原因も全く無いのに、雨水がテレビアンテナの配線をを伝って天井裏まで浸水してしまった例も報告されています。

 

他にもサッシまわりの防水対策の不備、外壁に生じたひび割れなどわずかな不具合でも雨水が室内に侵入する原因になりますし、激しい風雨により下から巻きあげられた雨など自然現象が原因になることもあります。

 

さらに恐ろしいのが、電気配線を伝って地面から浸水したときに起こる漏電など、雨漏りが誘発する二次トラブルです。雨どいの破損により、大量の水が滴り落ちることで建物の材質を腐食させていくケースもあります。

 

日本は台風シーズンや梅雨など大雨の時期があり、世界の中でも風雨が多い気候です。大きな被害のスタートは一滴の雨粒ということも珍しくなく、雨漏りは住宅にとって致命的なトラブルになりかねないということを知っておいた方がいいでしょう。

 

雨漏りの原因として挙げられるのは、劣化や老朽化により建物が弱くなっただけではありません。住宅の施工段階での設計ミスや、建材の不具合など人的ミスが原因になることもあります。

 

築浅にもかかわらず家に雨漏りが発生した場合は、その建物の建築時に何か不備があった可能性が高い、と考えるべきでしょう。

 

そのまま放置してしまえば、住宅を崩壊させてしまうかもしれない雨漏りは、少しでも早く気付き修理を行わなくてはなりません。

Copyright (C) 2017 アレルギー体質改善サプリ!DHA・EPA・乳酸菌どれが効く? All Rights Reserved.