トップページ ≫ アレルギー体質なら衣類の素材にも気を付けるべし

アレルギー体質なら衣類の素材にも気を付けるべし

アレルギー体質をスムーズに改善させていきたいと考えているのであれば、普段着ている衣類にも気を配るようにしましょう。

 

肌に刺激を与えやすい衣類だと、肌への負担も大きくなってしまいます。衣類に使われている素材として定番になっているのは、アクリルやポリウレタン、ポリエステル、綿、ナイロンなどではないでしょうか?この他にも色々な素材が衣類に使われていますよね。

 

通常の肌なのであれば、特にどのような素材の衣類を着用していても、特に肌に何も感じません。ですが、肌トラブルになってしまっている場合、衣類の素材によっては、それだけ肌に刺激を与えることになります。素材の中で綿というのは、肌に負担が少ないとされていますが、同じ綿でも肌触りが違っていたりしますよね。

 

タオル地の場合だって、肌トラブルになってしまっていると、普段とは違って刺激を与えやすくなってしまいます。
肌に負担が少ないのは、ポリウレタンと綿が使われているものではないでしょうか?肌触りもいいですし、毛玉になりにくいですから、肌への負担もあまりかかりません。

 

反対にポリエステルの場合、毛玉ができやすいですし、微妙にざらざらしていますから、肌が刺激を受けやすくなります。ポリエステルというのは、特にジャージの素材として使われていることが多いので、肌トラブルになっている時には、ジャージは着用しないようにしたほうがいいかもしれません。

 

また、肌に直接つける下着も、素材によって直に肌に刺激を与えてしまうことになりますから、あまり皮膚を締め付けずに、肌に優しい綿素材の下着を付けるようにしたほうがいいでしょう。

 

アレルギー体質になってしまっていると、肌トラブルに発展しやすくなってしまいます。ですから、アレルギー体質なのであれば、肌トラブルがいつ起きてもいいように、肌に負担をあまりかけない素材の衣類をいくつか持っておいたほうがいいかと思います。

 

衣類の素材だけではなく、洗剤に対しても気を付けるようにしたほうがいいでしょう。洗剤を使って洗濯をする場合、衣類に少なからず洗剤の成分が残ってしまいやすくなります。これでは、肌にも負担をかけてしまいますから、肌に負担がかかりにくい洗剤で洗濯をするようにしたほうがいいでしょう。

 

洗剤は合成洗剤よりも、石鹸洗剤のほうが、肌への負担が軽くなりやすいです。合成洗剤のほうが値段は少し高いですし、洗浄力も高くなっているのですが、肌への負担を考えると、石鹸洗剤を使用し続けるようにしたほうがいいかもしれません。

Copyright (C) 2017 アレルギー体質改善サプリ!DHA・EPA・乳酸菌どれが効く? All Rights Reserved.