アレルギー体質改善サプリ!DHA・EPA・乳酸菌どれが効く?

 

アレルギー体質だとがんになりやすい?

 

アレルギー体質になってしまっていると、癌になる可能性も高くなるって耳にしたことがありませんか?ですが、反対にアレルギー体質になっていると癌になる可能性が低いという話もあります。どっちの説が本当なの?と思っている人も多いでしょう。まるで正反対なのですから、混乱してしまいますよね。

 

今回はアレルギー体質と癌というのは、どのような関係を持っているのかについてお話をしていきたいと思います。まず癌というのは、アレルギー体質の人がなりやすいというのは、ある根拠があるのです。

 

アレルギー体質になってしまっているということは、肌などに何度も炎症が起きてしまっているということになります。炎症が起きてしまうということは、細胞もダメージを負ってしまうことになります。これによって、ダメージを負ってしまった細胞が癌細胞になってしまい、癌の発症率が高くなると考えられているのです。

 

さらに言えば、アレルギー体質になっている人の多くは、平熱が低くなっています。この平熱の低さも、癌を引き起こす要因になりやすいと考えられているのです。

 

では、蒸気とは逆に、アレルギー体質だとがんになりにくいという説もあるわけですが、こちらの根拠はなんでしょうか?アレルギー体質になっているということは、免疫力がそれだけ強くなっているという事です。免疫力が高いため、免疫細胞が過剰に攻撃をしてしまって、アレルギー症状を引き起こしています。

 

免疫力が高くなっているということは、それだけ癌細胞を攻撃しやすくなるから、癌になりにくくなるのだとされているのです。また、アレルギー体質を少しでも改善させるために、普段の生活を気にしているという人も多いです。これも、癌になりにくくする抑止力になっていると考えられているのです。

 

他にも、癌とアレルギー体質というのは、そこまでの関係はないという説もあります。癌は、あくまでも遺伝や生活習慣などが原因になっているため、体質で左右されないという説です。ですから、アレルギー体質かどうかが重要ではなく、癌にならないような生活習慣を過ごしているかどうかが重要だという説もあるのです。